ハワイ旅行のご予約はJALパック

ホクレアハワイ HokuleaHawaii

  • 検索

ハワイ特集

第47回ナ・ホク・ハノハノ・アワード – ハワイの音楽祭典

作成日:2024.06.29 / 最終更新日:2024.06.29

===================
第47回ナ・ホク・ハノハノ・アワード
===================

 

今年で47回目を迎えるナ・ホク・ハノハノ・アワードが、2024年8月3日(土)にハワイ州ホノルル市のハワイコンベンションセンターにて開催されます。ハワイのグラミー賞とも称えられるナ・ホク・ハノハノ・アワードは、ハワイ最大の音楽の祭典です。

先日、各賞にノミネートされたファイナリストが発表されました。リストのダウンロードはこちらから。今年は、ハワイの歌姫を代表するライアテア・ヘルム、実力派のショーン・ナアウアオ、ハワイアンレゲエで人気のエコル、日本にもファンの多いワイプナといったベテランの台頭が目立ちます。また、新人ながらも最優秀アルバム賞、最優秀男性ボーカリスト賞、最優秀新人賞にノミネートされているケニー・タガヴィラも注目を浴びています。

ナ・ホク・ハノハノ・アワードを主催するハワイ・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ(HARA)のプレジデントを務めるハイラマ・ファーデンは、「長年に渡り、ハワイの音楽と音楽業界をご支援いただいている日本のみなさまには、アロハと感謝の意を表します。今年のナ・ホク・ハノハノ・アワードは、ハワイコンベンションセンターに戻ってくることになりました。より大きな会場で、ハワイはもとより日本からもより多くのハワイアン音楽のファンのみなさまにライブでお楽しみいただきたいと思っています」と語っています。

当日のプログラムおよびチケット販売については、随時ウェブサイトにてお知らせします。

第47回ナ・ホク・ハノハノ・アワード
2024年8月3日(土)
ハワイコンベンションセンター

ハワイ・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツについて
ハワイ・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ(HARA)は、ハワイにおける音楽業界と音楽の振興を目的として1982年に設立された非営利団体です。ハワイの音楽と音楽業界の継続、保護、振興、促進そして発展を責務とするHARAは、12名の任意の理事と500名以上の会員から成ります。1978年当時、世界で唯一のハワイアン音楽専門ラジオ局であったKCCN-AMラジオがHARAの前身です。HARAでは、ナ・ホク・ハノハノ・アワードの他にも権威ある伝説的なエンターテイナーに敬意を表するためにライフタイム・アチーブメント・アワード(ハワイ音楽界功労賞)を主催しています。

この投稿を見た人は、
こんなページも見ています