ハワイオプショナルツアーのご予約はJALPAKハワイWebショップ
ハワイ旅行のご予約はJALパック

ホクレアハワイ HokuleaHawaii

  • 検索

ハワイ特集

Favorite

Now in Hawaii Part 2 ~No.1 Aulani, A Disney Resort~

作成日:2022.08.18 / 最終更新日:2022.05.26

<この記事は2021年5月3日時点の情報です>

 

コロナ発生後、アウラニ・ディズニー・リゾートには様々な変化がありました。

ロビーにお出迎えしてくれるスタッフはいるのですが、

レイサービスはありませんでした。ベルデスクは外側しかありません。

水飲み場でのサービスは行われていませんでした。

フロントの入り口にはソーシャルディスタンスを保つよう、案内されています。

チェックインブースの数を減らすことで、ソーシャルディスタンスの間隔を確保し、

代わりにベルデスクをチェックインブースに変更していました。

すべてのカウンターに仕切りが設けられ、その下にマイクとスピーカーが設置されています。

ロビーが混雑していても、チェックインスタッフと話をすることができるので便利です。

チェックインは、カウンターの数が減ったため、時間がかかります。

運良く短い列に並びましたが、家族ごとに6フィートの間隔をあけるため、

たった20分で長蛇の列が出来てしまいました。

ここでは、列の先頭に人がいてサポートしてくれるので、

カウンターでの手続きが迅速に進みます。

コンシェルジュにも仕切りが設けられています。

コロナ予防対策案内の看板が、施設内に多く設置されています。

各所にサニタイザーが置かれていて、

エレベーターには一度に4人まで、又は一家族までと制限があります。

キャラクターが現れる場所や時間、ショップやレストランの営業時間など、滞在中の情報は

「アウラニアプリ」をダウンロードして確認することができます。

また、リゾート内には多くのビデオボードが設置されています。

部屋のスリッパやバスローブは撤去されていて、テレビのリモコンはビニール袋に入っていました。

部屋のドアに”在室中”のサインが出せるようになっており、ハウスキーパーがお部屋のゴミ回収などをする際に

入室できるかどうかを確認することができます。

コロナ感染予防対策のため、「アマアマレストラン」は休業していますが。。

ウルカフェとプールサイドのバー(オフザフックバー&ラウンジ)は

ディナータイムまで営業しています。

プールサイドには、日中に営業している売店もあります。

プールサイドで新しいディナースペシャルが登場しています。。

私たちは最後の夜に「パニオロ・リブ」を試してみましたが、

大きくて食べ応えがあり、とても美味しかったです。

夕食はマカヒキレストランでも食べることができますが、

テーブルサービスとなり、ビュッフェは提供されていません。

キャラクターブレックファーストは2021年5月7日から再開しますが、

同じくテーブルサービスとなります。

アンティルビーチハウスと、ミキミキ・フィットネスセンターは休業していました。

夜のバンドエンターテイメントのバンドメンバーは、メンバーごとに仕切りで分けられていました。

また、プールバンドやタオルステーションも仕切りで区切られています。

ラウンジチェアは小さなグループごとにプラスチックの結束バンドで繋がれていて

好きなように椅子を移動できないようになっています。

椅子取りをするために朝8時前に荷物を置くことは禁止されていて、荷物が置かれていた場合はスタッフが撤去し

遺失物として、所定の場所へ移動されます。実際に、そのような状況に置かれていた人を見かけました。

流れるプールで、浮き輪は必需品です。

宿泊者には無料のブギーボードが用意されていますが、

コロナ感染防止のため、スコップなどの砂場道具の貸出はありません。

サンセット時間帯の写真撮影は、引き続き行われていました。

ホテルデスクでカメラマンがビーチに来る時間を確認して、

ビーチへ行けば誰でも利用できるサービスです。

私たちも友人と一緒に写真を撮ってもらうことが出来ました。

このようなサービスは、ホテルの施設内では行われていません。

ピントレーディングは一日1回で1時間だけ行われていて、参加するためには手続きが必要です。

私たちの滞在中、ホテルは満室でしたが、

実際に稼働していたのは全客室数の60%程度だったようです。

そのため、施設内はそれほど混雑しておらず、ゆったりと過ごすことができ、とても良かったです。

宿泊客のほとんどが、ハワイ在住の方だったようで、身近な場所で休暇を楽しんでいました。

ホテルスタッフは全員、マスクと手袋を着用していました。

私たちのフロアには常に清掃係がいましたし、ホテル内施設のどこに行っても近くに人がいました。

このような制約はありましたが、私たちは素晴らしい時間を過ごすことができました。

この投稿を見た人は、
こんなページも見ています
Favorite