ハワイオプショナルツアーのご予約はJALPAKハワイWebショップ
ハワイ旅行のご予約はJALパック

ホクレアハワイ HokuleaHawaii

  • 検索

ハワイ特集

Favorite

アメリカの切手 

作成日:2022.06.06 / 最終更新日:2022.05.16

<この記事は2020年10月時点の情報です>

 

今回は、ハワイから日本にハガキやグリーティングカードを送る際に必要な切手についてご紹介します。

 

宿泊するホテルによって、フロントで切手を購入することができる場合もありますが

ぜひこの機会に郵便局に足を運んでみてください。

ワイキキ郵便局は、サラトガ通りにある「エッグスンシングス」本店の向かい側にあります。

郵便局に入って右側に行くとカウンターがあり、局員からチケットを購入することができます。

以下の標準的なサイズは、1パッケージあたり1.20ドルのコストで送ることができます。

ポストカード 長さ4.25インチ(10.795cm)、幅6インチ(15.24cm)まで

封書 最大長さ6.125インチ(15.55cm)、幅11.5インチ(29.21cm)、重さ1オンス(28.34g)

スーパーマーケットやカードショップで販売されている標準的な封筒とカードのセットであれば、標準的なサイズのカードを送ることができます。

 

アメリカで主流の切手は「フォーエバースタンプ」です。

日本の切手との違いは、切手に金額が明記されていないことです。

アメリカでは郵便料金が比較的頻繁に変更されるため、切手を購入した後に料金が変更されても、差額を支払う必要はありません。

米国では、郵便料金の変更が比較的多いので、切手購入後に料金が変更になっても、差額を支払う必要がなく、そのまま使用することができます。

また、シールタイプの切手なので、糊を使う必要もありません。

ちなみに、これはアメリカの国内郵便用の切手です(定型封筒用 Forever Stamp フォーエバースタンプ)。

デザイン豊富で、年に数回、記念切手が発売されることもあります。

最近では、LINEなどで海外から日本の家族や友人に、比較的簡単に連絡が取れるようになりましたが

ハワイならではの風景の絵はがきや、アメリカのかわいいグリーティングカードを送るのも素敵なお土産になると思いますよ。

この投稿を見た人は、
こんなページも見ています
Favorite