ハワイオプショナルツアーのご予約はJALPAKハワイWebショップ
ハワイ旅行のご予約はJALパック

ホクレアハワイ HokuleaHawaii

  • 検索

ハワイ特集

Favorite

~ストリップステーキ・ワイキキが営業時間変更 + ハッピーアワー再開~

作成日:2021.09.25 / 最終更新日:2021.09.25


ホノルル・ハワイ

マイケル・ミーナがプロデュースするストリップステーキ・ワイキキは、9月13日以降酒類の提供を午後10時までとするホノルル市・郡の緊急事態宣言発令を受け、営業時間を午後4時~9時(最終予約時間:午後9時)に変更しました。また、早い時間の食事を希望されるお客様が増えることを予想し、かねてよりご好評をいただいていたハッピーアワーを9月15日より再開することにしました。毎週水曜から日曜の午後4時~5時まで、おつまみ類、ドリンク、ならびに手巻き寿司とステーキまたは魚料理の2コースディナーをバーカウンター席限定でご提供します。

お得にお楽しみいただけるハッピーアワーのおつまみメニューは以下の通りです。

・トリュフ・ダックファット・フライ($7)~ パルメザンチーズ、ハーブ、トリュフアイオリ
・キューカンバー&ウォーターメロン($7)~ ゴールデンガーリック、花椒ヴィネグレットソース
・ストリップステーキ枝豆($6)~ 酒ブールブランソース、わさび塩、とびっこ
・チルド・ロブスター・タコス($6/個)~ コナロブスター、パイナップル、アボカド
・“ポップコーン” シュリンプ天ぷら($12)~ コチュジャン柚アイオリ和え
・クラブ・ラングーン($11)~ サクサク海老チップス添え
・スパイシーツナ・ハンドロール($6)
・ネギハマ・ハンドロール($6)
・スパイシーサーモン・ハンドロール($6)
・カリフォルニア・ハンドロール($6)
・マグロまたはメバチ ~ 握り($4/貫)、刺身($10/2切れ)
・サケまたはキングサーモン ~ 握り($5/貫)、刺身($10/2切れ)
・カンパチまたはヒラマサ ~ 握り($4/貫)、刺身($8/2切れ)

もう少しボリューミーなビーフ“フリフリ”バーガー&ガーリックハーブフライ(スパイシーオニオン、アメリカンチーズ、ピクルス、シークレットソース入り/$21)もご用意しています。また、スパイシーツナ・ハンドロールと10オンスのプライムニューヨークステーキ(ホイップポテトとほうれん草のソテー添え/$49)またはマカダミアナッツクラステッドマヒマヒ(青梗菜、椎茸、ネギのブールブランソース添え/$42)がセットになった2コースのストリップステーキ・サンセット・サパーもリバイバルしました。

お酒類には、以下の3つのオリジナルカクテル(各$9)が含まれます。

・ハイタイド ~ ウイスキー、レモン、炭酸水
・ロータイド ~ キューカンバーインフューズドウォッカ、レモン、ショウガ
・ビーチ&ブレイカー ~ ジン、カイ焼酎、レモン、バニラ

カクテル以外では、ビール(ミラー“ハイライフ”、ハイネケン、ワイキキブリューイングカンパニー“ハナホウ”へーフェヴァイツェン)(各$5)、ソムリエおすすめの赤・白およびスパークリングワイン(各$9)、みやさか“酒マティネー”($9)、そしてパウハナ(ミラー“ハイライフ”+カンポブラボーテキーラプラタのショット)とダカイン(ハイネケン+コンシエールバーボンのショット)の2つのビール&ショット”フライト”($10/セット)が揃います。

ゼネラルマネジャーのクリス・バーマンは、「パンデミック以前にバーカウンターで大盛況を収めていたハッピーアワーを再開する絶好の時期だと考えました。新しく就任したエグゼクティブシェフの斬新な発想が光る料理をご紹介するとともに、皆さまのお墨付きのアイテムもリバイバルさせることにしました」と述べています。

ストリップステーキ・ワイキキは、インターナショナル・マーケットプレイス(住所:2330 Kalākaua Avenue)の3階グランド・ラナイ内に位置します。営業時間は、水曜から日曜の午後4時~9時。ハッピーアワーは午後4時~5時、ディナーは午後5時~9時。ゆったりとしたスペースの屋内ダイニングルームとパティオ席をご用意しています。ご予約をお勧めします。お車でお越しのお客様は、インターナショナル・マーケットプレイス駐車場をご利用いただけます(セルフパーキング/バリデート発行)。

さらに詳しい情報は、STRIPSTEAKWaikiki.com、インスタグラム @STRIPSTEAKHI、フェイスブックページをご覧ください。


ミーナ・グループについて

ミーナ・グループは、ジェームズ・ビアード賞受賞シェフ、マイケル・ミーナの主導のもと、20年近くにわたって革新的なフルサービスレストランとバーチャルコンセプトの開発・経営を行ってきたサンフランシスコに拠点を置く会社です。現在、アメリカ国内で以下を含む40以上の実店舗およびバーチャルブランドを展開しています。バルドー・ブラッスリー(ラスベガス)、バーボン・バーガー・バー(デルマー、ロサンゼルス、サンフランシスコ)、バーボン・ステーキ (ワシントンDC、グレンデール、マイアミ、ナッシュビル、オレンジカウンティ、スコッツデール、および近日シアトル)、バーボン・パブおよびマイケル・ミーナズ・テイルゲート(サンタクララ)、バーボン・パブ(サンフランシスコ国際空港)、ブッダ・ボウル(ボイシ)、バンガローキッチン・バイ・マイケル・ミーナ(ベルモントショア、および近日ティブロン)、クロック・バー(サンフランシスコ)、エスティアトリオ・オルノス・ア・マイケル・ミーナ・レストラン(マイアミ)、ザ・ハンドル・バー(ジャクソンホール)、インディー・スーパーレット(サンフランシスコ)、インターナショナル・スモーク(ラスベガス、サンディエゴ、サンフランシスコ)、マックン・キューおよびミ・アルミタ・カンティーナ(ボイシ)、マイケル・ミーナ(ラスベガス、サンフランシスコ)、ミーナ・ブラッスリー(ドバイ)、ママズ・フィッシュ・ハウス(オアフ)、パブ(サンフランシスコ、ボストン)、ピッツァ&バーガー(マイアミビーチ)、ストリップステーキ (ラスベガス、マイアミビーチ、ワイキキ)、トーキョー・ホット・チキン(ボイシ、ロサンゼルス、サンフランシスコ)、トレイルブレイザー・タバーン(サンフランシスコ)、ウィット&ウィズダム(ソノマ)。ミーナ・グループの店舗一覧および詳細はwww.michaelmina.netをご覧ください。

マイケル・ミーナのフェイスブックMichael Mina およびインスタグラム @ChefMichaelMinaもぜひフォローを。

この投稿を見た人は、
こんなページも見ています
Favorite